• トップへ戻る
  • 提出書類ダウンロード
  • Q&A
  • 書類提出・お問合せ先
  • 補助金交付申請書類FCA必着日 確認早見表&検索
シート
  • 補助金制度の概要
  • スケジュール/応募要件
  • 補助対象者/手続代行者
  • 補助対象(指定機器)システム
  • 補助対象経費・範囲
  • 補助金額
  • 補助金の申請方法
  • 手続の流れ
  • 申請書類の記入方法/提出方法
  • 補助金申込・交付申請
  • 補助金申込受理・交付決定後の変更等
  • 補助事業完了報告
  • 補助事業完了報告書類FCA必着日 早見表&検索シート
  • 補助対象システムの管理等
  • 補助対象システムの管理等/処分の制限/経理書類等の保管
  • 補助金の額の確定後の不具合によるシステム交換
  • 補助対象システムの処分等(過去に補助金を受けた皆様へ)
  • 燃料電池システムについて
  • エネファームについて
  • オリジナルCM
  • 燃料電池紹介
  • J-クレジット制度等の活用の要件化について
  • 申請書類のご請求
  • 募集説明会
  • 集計データ
  • 自治体助成金一覧
  • 補助対象システム機器指定の申請
機器指定の申請について

民生用燃料電池導入支援補助事業において、補助金の対象となる燃料電池システムは、予め機器指定されている必要があります。燃料電池システムの製造事業者、または、ブランド事業者(以下「製造事業者等」)は下記内容ならびに機器指定要領を熟読のうえ、必要書類を申請してください。

機器指定の条件
燃料電池システムが指定機器となるには、燃料電池ユニット、貯湯ユニット等、それぞれ所定の書式に必要な内容を記入し、提出後、協会の審査に合格することが条件です。
指定機関による認証登録が必須要件となる項目は、次の機関による認証を受けてください。
・一般財団法人日本ガス機器検査協会(以下「JIA」)
・一般財団法人日本燃焼機器検査協会(以下「JHIA」)
・一般財団法人電気安全環境研究所(以下「JET」)
・公益社団法人日本水道協会品質認証センター(以下「JWWA」)
指定機関による認証登録が必須要件であるものを除き、要件を満たすものであることを証明する書類は、申請者(製造事業者等)が自ら行った性能試験成績表等または第三者機関による性能試験成績表等によるものとします。
各ユニットの必要要件

燃料電池ユニット、貯湯ユニット等、それぞれの条件は以下の通りです。


I.<固体高分子形燃料電池>
[1] 燃料電池ユニット
(1) 定格運転時において0.5から1.5kWの発電出力があること。また、熱出力温度(燃料電池ユニット出口における温水温度)は50℃以上であること。
(2) 燃料電池の排熱を回収し、熱を有効利用できる機構を持つこと。
(3) JIS基準(JIS C 8823:2008 小形固体高分子形燃料電池システムの安全性および性能試験方法)に基づく計測を行い、定格運転時における低位発熱量基準(LHV基準)の発電効率が33%以上(高位発熱量基準HHV基準で30%相当以上)およびLHV基準の総合効率が80%以上(HHV基準で72%相当以上)であること。ならびに、50%負荷運転時のLHV基準の総合効率が60%以上(HHV基準で54%相当以上)であること。
(4) JIA、JHIAおよびJETのいずれかの認証機関により、(一社)日本電機工業会発行の「定置用小形燃料電池の技術上の基準および検査の方法」に基づく認証登録がなされていること。
(5) JIA、JHIA、JETおよびJWWAのいずれかの認証機関により、厚生労働省の「給水装置の構造及び材質の基準に関する省令」に基づく検査基準による認証登録がなされていること。
(6) JIA、JHIAおよびJETのいずれかの認証機関により、消防庁告示第1号「対象火気設備等及び対象火気器具等の離隔距離に関する基準」に基づく防火性能に係わる認証登録がなされていること。

[2] 貯湯ユニット等
(1) 燃料電池ユニットの排熱を蓄えられる貯湯槽を有すること。
(2) 貯湯容量150リットル以上とする。
ただし、燃料電池ユニットの熱出力温度(燃料電池ユニット出口における温水温度)が55℃以上であり、なおかつ定格運転時における低位発熱量基準(LHV基準)の発電効率が35%以上(高位発熱量基準HHV基準で31.8%相当以上)の場合の貯湯容量は120リットル以上とする。
(3) 貯湯槽の蓄熱放熱係数が2.0%/時間以下であること。
(4) 補助ボイラー等の燃焼器を有する場合、JIA、JHIAおよびJETのいずれかの認証機関により、ガス機器或いは石油燃焼機器に係わる認証登録がなされていること。
(5) JIA、JHIA、JETおよびJWWAのいずれかの認証機関により、厚生労働省の「給水装置の構造及び材質の基準に関する省令」に基づく検査基準による認証登録がなされていること。
(6) 補助ボイラー等の燃焼器を有する場合、JIA、JHIAおよびJETのいずれかの認証機関により、消防庁告示第1号「対象火気設備等及び対象火気器具等の離隔距離に関する基準」に基づく防火性能に係わる認証登録がなされていること。
II.<固体酸化物形燃料電池>
[1] 燃料電池ユニット
(1) 定格運転時において0.5から1.5kWの発電出力があること。また、熱出力温度(燃料電池ユニット出口における温水温度)は60℃以上であること。
(2) 燃料電池の排熱を回収し、熱を有効利用できる機構を持つこと。
(3) JIS基準(JIS C 8841:2010 小形固体酸化物形燃料電池システムの安全性及び性能試験方法)に基づく計測を行い、定格運転時における低位発熱量基準(LHV基準)の発電効率が40%以上(高位発熱量基準HHV基準で36%相当以上)およびLHV基準の総合効率が80%以上(HHV基準で72%相当以上)であること。ならびに、50%負荷運転時のLHV基準の総合効率が60%以上(HHV基準で54%相当以上)であること。
(4) JIA、JHIAおよびJETのいずれかの認証機関により、(一社)日本電機工業会発行の「家庭用燃料電池の技術上の基準および検査の方法」に基づく認証登録がなされていること。
(5) JIA、JHIA、JETおよびJWWAのいずれかの認証機関により、厚生労働省の「給水装置の構造及び材質の基準に関する省令」に基づく検査基準による認証登録がなされていること。
(6) JIA、JHIAおよびJETのいずれかの認証機関により、消防庁告示第1号「対象火気設備等及び対象火気器具等の離隔距離に関する基準」に基づく防火性能に係わる認証登録がなされていること。

[2] 貯湯ユニット等
(1) 貯湯容量50リットル以上のタンクを有し燃料電池ユニットの排熱を蓄えられること。
ただし、発電効率が47%以上の場合、貯湯容量は25リットル以上とする。
(2) 貯湯槽の蓄熱放熱係数が2.5%/時間以下であること。ただし、発電効率が47%以上の場合、貯蓄槽の蓄熱放熱係数が2.5%/時間以下、もしくは平均放熱量が140w以下であること。
(3) 補助ボイラー等の燃焼器を有する場合、JIA、JHIAおよびJETのいずれかの認証機関により、ガス機器或いは石油燃焼機器に係わる認証登録がなされていること。
(4) JIA、JHIA、JETおよびJWWAのいずれかの認証機関により、厚生労働省の「給水装置の構造及び材質の基準に関する省令」に基づく検査基準による認証登録がなされていること。
(5) 補助ボイラー等の燃焼器を有する場合、JIA、JHIAおよびJETのいずれかの認証機関により、消防庁告示第1号「対象火気設備等及び対象火気器具等の離隔距離に関する基準」に基づく防火性能に係わる認証登録がなされていること。
 
提出書類について

燃料電池システムの製造事業者等は、別途、定める機器の指定を受けようとする時は、次の資料等を協会に提出してください。

提出書類
(1) 別紙1に定める機器指定申請書を提出してください。
(2) 指定機関による認証登録が必須要件であるものについては、各種認証機関が発行した認証登録を証する写しを添付してください。
(3) 燃料電池ユニットにおいては、I<固体高分子形燃料電池>(1)燃料電池ユニット③項に定めるJIS C 8823規格に基づいて測定した機器の発電効率、総合効率の値が基準以上であることを証する書面(性能試験成績表等)、またはII<固体酸化物形燃料電池>(1)燃料電池ユニット③項で定めるJIS C 8841規格に基づいて測定した機器の発電効率、総合効率の値が基準以上であることを証する書面(性能試験成績表等)。
(4) 貯湯ユニット等においては、 I<固体高分子形燃料電池>(2)貯湯ユニット等②項に定める貯湯槽の蓄熱放熱係数が2.0%/時間以下であることを証する書面(性能試験成績表等)またはII<固体酸化物形燃料電池>(2)貯湯ユニット等②項に定める貯湯槽の蓄熱放熱係数が2.5%/時間以下である、もしくは発電効率が47%以上の場合、貯湯槽の蓄熱放熱係数が2.5%/時間以下、もしくは平均放熱量が140w以下であることを証する書面(性能試験成績表等)
(5) 燃料電池ユニットにおいては、次に定める仕様書を添付してください。
・燃料電池ユニットの外形図(立面、平面)。
・仕様表(原燃料の種類、熱出力温度、定格電力出力、など)。
・その他、協会が指示する書類。
(6) 貯湯ユニット等においては、次に定める仕様書を添付してください。
・燃料電池ユニットの排熱を回収し貯湯する構造がわかる書類。
・貯湯ユニット等の外形図(立面、平面、継続口径)。
・仕様表(フロー図、燃料電池本体との接続方法がわかる接続図、貯湯容量、貯湯槽材質等)。
・その他、協会が指示する書類。
(7) 該当商品を他社にて異なる品名番号で呼称している場合は、別紙2に定める同一型式証明書を添付してください。
(8) 該当商品にオプション等が付属し、品名番号の末尾が追記になるなどの場合は、別紙3に定める同一型式証明書を添付してください。
(9) 申請する燃料電池システムのカタログ等を添付してください。
(10) その他協会が提出を提示した書面を添付してください。
【別紙1】
燃料電池コージェネレーションシステム機器指定申請書
燃料電池コージェネレーションシステム機器指定申請書
別紙1
【別紙2】
同一型式証明書
同一型式証明書
別紙2
【別紙3】
同一型式証明書
同一型式証明書
別紙3
申請書の書き方 申請書の書き方
書き方
機器指定要領

製造事業者等の申請ご担当者におかれましては、申請書類等のご提出前にご一読ください。

【機器指定要領】
民生用燃料電池導入支援補助金 機器指定要領
民生用燃料電池導入支援補助金 機器指定要領
機器指定要領
書類の提出
●提出先
一般社団法人 燃料電池普及促進協会「機器指定事務局」
〒105-0001  
東京都港区虎ノ門3-11-15 SVAX TTビル7階
TEL:03-5472-1190
お問合せ時間 : 月曜日〜金曜日
(祝日、12/17、12/28〜1/4を除く)までの10:00〜12:00、13:00〜17:00
申請結果の通知

申請頂いた書類は、原則毎月10日で締切り当月中を目途に審査結果を申請者へ通知するとともに当ホームページで公表します。

民生用燃料電池導入支援補助金補助対象(指定機器)システムの一覧はこちらから
ホームページのご利用について  サイトマップ