• トップへ戻る
  • 交付規程・応募要領・手続きの手引き等
  • 様式類
  • Q&A
  • 補助金を申請される皆様へ
  • 補助金制度の概要
  • スケジュール/応募要件
  • 補助対象者/手続代行者
  • 補助対象(指定機器)システム
  • 補助対象経費・範囲
  • 補助金額
  • 補助金の申請方法
  • 手続の流れ
  • 申請書類の記入方法/提出方法
  • 申請書類のご請求
  • 補助金申込・交付申請
  • 補助金申込受理・交付決定後の変更等
  • 補助事業完了報告
  • 品名番号と製造番号の見方 完了報告書FCA必着日早見表 写真等
  • 補助対象システムの管理等
  • 補助金交付後の補助対象システムの管理・処分・変更等
  • 不具合による補助対象システムの交換が発生した場合の手続き
  • 募集説明会
  • 集計データ
  • J-クレジット制度について
  • 自治体助成金一覧
  • 燃料電池システムの製造事業者、ブランド事業者の皆様へ

補助金額

補助金額

● 補助金額 (金額は全て消費税抜き)
エネファーム(補助対象システム)の機器価格と工事費の合計価格(補助対象経費)が基準価格以下の場合の補助金額は、固体高分子形(PEFC)は6万円、固体酸化物形(SOFC)は12万円とする。
補助対象経費が基準価格を上回り裾切価格以下である場合は、固体高分子形(PEFC)を3万円、固体酸化物形(SOFC)を6万円とする。
補助対象経費が裾切価格を上回る場合は、補助対象外。
なお、設置対象の建物区分が既築、燃料種別がLPガス、補助対象システムが寒冷地仕様、マンション設置の場合は、それぞれ追加補助を行う。


● 補助対象経費に対する基準価格と裾切価格
基準価格は、固体高分子形(PEFC)は96万円、固体酸化物形(SOFC)は134万円とする。
裾切価格は、固体高分子形(PEFC)は111万円、固体酸化物形(SOFC)は146万円とする。
また、仕様、燃料種別等により基準価格および裾切価格をスライドする。
既設の給湯器をバックアップ給湯器として使用する場合はPEFCは27万円、SOFCは30万円減算する。






様式等の記入につきましては、「機器購入費用」「設置工事費」を区分します。
従って、購入先等から取得する「見積書」「領収書」につきましては、「機器購入費用」「設置工事費」が明確に区分された内訳明細書を必ず取得いただくようお願いいたします。
  補助対象システム(燃料電池システム)の種類のご確認はこちらから
  建物の区分はこちらから

マンション設置に伴う基準価格のスライドならびに
基本補助額の追加補助の適用について

今年度からマンション設置による基準価格のスライド(+12万円)に加えて、基本補助額の追加補助(+3万円)が適用されています。本スライドならびに追加補助が適用される条件は以下となりますので、ご注意ください。

@ 設置場所がマンション(注1)であること。
  注1: 鉄筋コンクリート造り及び鉄骨鉄筋コンクリート造り等であって、一棟の建物が、共用部分を除き、構造上、数個の部分(以下「住戸」という。)に区画され、各部分がそれぞれ独立して居住の用に供されるもの。但し木造の集合住宅、アパート ・ ハイツ ・ 長屋 ・ 連棟住宅・2世帯住宅 ・3世帯住宅等は除きます。
A 設置されるエネファームが集合住宅仕様(注2)であること。したがって戸建に設置される標準機をマンションに設置する場合には適用されません。
  注2: 戸建と集合住宅に設置可能な兼用仕様のエネファームも含まれますが、マンションの設置場所によっては適用されないケースもありますので、FCAにお問い合わせください。

平成30年度補助金「補助金申込・交付申請書」(【様式第1】、【様式第2】、【様式第31】)のエクセル版および「補助金計算シート」を更新しました。「様式類」ページより新しいデータをダウンロードの上ご利用ください。



利益排除

以下に相当する場合は、補助対象経費から利益を排除した金額で補助金額を計算してください。
  ① 申請者が100%資本関係等のある会社から補助対象システムを購入する場合
  ② 申請者が自社または100%資本関係等のある会社で設置工事を行う場合


建物の区分

● 新築
新築注文住宅等、更地に新たに建築する住宅(同一敷地内の別棟建築を含む)及び建築物に、補助対象システムを同時に設置する場合、または建売住宅、中古物件購入等補助対象システム付き住宅を新たに取得する場合をいう。

● 既築
既に居住している住宅および建築物に、補助対象システムを設置する場合をいう。
ホームページのご利用について  サイトマップ