一般社団法人燃料電池普及促進協会(Fuel Cell Association 略称FCA)は、燃料電池の関連業界等が一体となって燃料電池の普及促進を図り、地球温暖化の抑制(=CO2の削減)やエネルギーの有効活用に貢献することを目的とする団体です。

平成21年度(2009年度)より家庭用燃料電池「エネファーム」が世界に先駆けて販売が開始され、同年度より、その導入費用の一部を補助することでエネファームの普及を促進し、低コスト化を図ることで自立的な普及を実現することを目的とした経済産業省の「燃料電池の利用拡大に向けたエネファーム等導入支援事業費補助金」も開始され、当協会がその補助金執行団体として、補助金交付業務を進めてきました。平成29年度(2017年度)からは1.5KWを超える業務・産業用燃料電池の販売が開始され、そちらについての補助金交付業務も開始しています。

以上のように燃料電池システム導入支援事業を鋭意進めてきましたが、当初の事業目的をほぼ達成できたことから家庭用、業務・産業用とも2020年度をもって国の補助金が終了し、それを受けて当協会の補助金交付業務も終了することとなりました。この12年間で33万台を超える多数のエネファーム補助金交付申請をいただいたことを改めて御礼申し上げます。

今年度以降は補助金交付は行いませんが、今後は以下の業務を6年間続ける予定です。

◆家庭用①機器指定新型エネファームの機器指定申請受付並びに登録業務
②補助金交付後変更6年間の変更に関する受付
③財産処分6年間の財産処分制限期間内に処分する場合の申請受付
◆業務・産業用④効果検証データ確認毎年の総合効率測定結果報告受付(6年間)
⑤財産処分6年間の財産処分制限期間内に処分する場合の申請受付

詳細は、以下のアイコンをクリックしてご確認ください。

家庭用

業務・産業用

【お問い合わせ先】

電話:03-6695-0420     FAX:03-6695-0376

お問合せ時間:
月曜日~金曜日(祝日、12/17、12/28~1/5を除く)
10:00~12:00、13:00~17:00